スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンテコステ。

今日は小田原の教会にいってきました。

キリスト教三大祭の一つであるペンテコステが今日だった訳です。
「ペンテコステなんてヘンテコっすねー」とみなさん言いたいのだね。うんうん。

これは復活祭(イースター)から数えて50日目に祝われるお祭りです。ペンテコステって50の意味があるようです。

イエス様が十字架につけられて復活された後に、弟子たちの前に表れて約束をくれたんですね。

「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」


「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」


そして、皆で集まって祈っていたこの日、約束していた『聖霊』が弟子たちに下りイエス様の言葉通り力を得て宣教が広がっていきました。これが教会の始まりとして、教会の誕生日としても祝われます。

この時、弟子たちは神様の力を受けて、さまざまな国の言葉で神様のみわざを語りだしました。まさに、全世界に福音が述べられることを象徴するかのような出来事ですね。

その日、集まった人びとの前でペテロさんは説教をして、彼の言葉を受け入れた方々が一度に3000人!彼らは洗礼を受け弟子に加えられました。

ハレルヤ!

ペテロの声は今も、私たちに響いてきます。

『悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。』

おうまいがっ。

この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々・・・

ここにですねぇ

私たちが繋がって見えるんです。


遠くにいる人びと、、ペテロさんの時代からは、けっこう遠いかもしれませんが、確かにその言葉が私にも響いたんです。

悔い改める事ができた方は幸せです。
イエスキリストの名で洗礼を受けられた方は幸せです。
聖霊を受けられた方は幸せです。

あなたと共に神様がいます。



聖霊に満たされるとは、ただ恵みを感じるという事ではありません。
大胆に福音を「神のことば」を語り始める事でしょう。

語らずには居られない神の恵み。
伝えずには居られないイエスの言葉。

聖霊に満たされて初めて宣教が命を得た働きとなる、まさに教会の誕生。イエス様の言葉を伝えるということは、創造主の働きに繋がるものです。

イエスを救い主と信じ生きるすべての方々、ともに聖霊に満たされ、神様を賛美し、誉れあるそのみわざをのべつたえていきましょう!



さて、礼拝の後で食事会が開かれまして、いっぱい食べました。教会のおばさま方は料理が上手でいろいろと食べさせてくれます。
ペンテコステ

聖霊に満たされるこの日、私のお腹も満たされる。一人暮らしの貴重な栄養源がここにあります。ありがたや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。