スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姪っ子と遊んできた。

先日、久しぶりに実家に行ってきました。4~5ヶ月ぶりくらいかな。4才と5才の姪っ子が歓迎してくれましたね。二人のシールコレクション自慢がひとしきり続いた後はトランプ手裏剣。ぴゅんぴゅんと飛ばしてきます。頭からトランプをばさばさかけられたり姪っ子の見事なよけっぷりに感心したり。

カルタやスゴロクも楽しかったです。パズル作りなんかもどっちが早く出来るか競争するんですね。まあ、お姉ちゃんの方が早いにきまっているんですが。女の子同士の競争心って大変そうだ。

姪っ子たちは以前よりもよく話すようになった気がする。そして重くなった。高い高いが大変。。

みんなでお絵描きをしたんですが、一生懸命に書いている姿に、なんだかとても愛おしい思いが湧いて、心から幸せになって欲しいなと思いました。

神様がこの子たちを守ってくださるように。そう願い祈る。

出来る事なら、君たちをずっと見守っていたいです。
父なる神様のまなざしを思い、何かがあふれます。

主にある平和な世界へ導いてください。
神様、愛するものたちと一緒にいさせてください。





さて教育について。

こどもは可愛い。いろいろ期待するし、順調に成長していって欲しい。
そう願うものだと思います。

しかし期待や親としての責任が大きくなると、色々とプレッシャーになるし、こどもの個性よりも、親として願う姿にのばそうとするものかもしれません。

でも、あれだね。親だけで子どもを育てるわけじゃないんだね。
社会のいろいろな人間関係や環境から学んでいくものなのでしょう。
学校の先生から学び、友達から学び、社会生活で学び、自分自身がそうであったように、大人になってからも、まだまだ成長しきれず、様々な機会を通して教えられていくものです。

親が家庭で教えて完成するわけではなく、こども自身が長い時間をかけて色々な世界観の中、自分で得ていくものではないでしょうか。

親がなにもかも教える訳じゃない。
そう考えると少しは楽になるものなのかな。

私に子どもはいませんが。


私にできることは、愛することでしょうか。

主に祈って、語る以上に、実践する愛の姿を見せたいものです。

すべての子ども達が愛し愛され、救いがあるように祈りましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。