FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶像崇拝をしていた私。

私はいままで自分を誇っていた。

自分のこれまでの歩みを誇っていた。

苦しい環境で育ち、辛い状況の中でそれでもできるだけ真っ直ぐに生きてきた自分のことを「特別な存在」として掲げて生きていた。

私が受けた苦しみを誇っていた。
これまで生きてきた私を誇り、私の苦労を証していた。

自分を特別な存在とするために。

「これまでよくがんばってきたね」
「よく乗り越えてきたね」

そんなほめ言葉を当然のものとして受けてきた。

私は自分を誇っていた。

神様ではなく、自分を証して生きていた。
私は神様の場所に自分を置いた。


それでも信仰している自分。
それでもあきらめないでいる自分。

それをすべて支え導いた神様より、そこを歩んだ私の姿を前に置いた。

私の影に神様を置き。
私を輝かせた。


私は自分を崇拝していた。
自己崇拝。


もっとも身近にある偶像。



苦労の中を耐え生きてきた私自身を、私は見ていた。

私自身が偶像だった。



信じられないことに、こう分かったようなことを書いてはいるが、実はよく分かっていない。


私は私を掲げている。


どうすればいいのか。これまで生きてきた私をどう降ろせばいいのか。

私自身が自分の偶像なのに、どう打ち壊せばいいのか。

主に従ってきたつもりだった。
神様の前で、自分を誇っていた私。

実は主を私に従わせようとしていた。



私自身が、私を導く主を邪魔していた。



どうしよう。




どうしよう。

まだ自分の思い。

主はどうなさいますか。

主は私をどうされますか。

主よ。



私はあなたの邪魔ですか。


助けてください。
私自身から私を助け出してください。

混乱、、

でもそう。

私は私を誇っていた。




私自身が罪だった。


どうすればそれを壊す、正す、直す、元に戻す、、ことができるのか。

主よ。


私はこのように思い、何か自己認識について、新しい見方をするいまの自分の考えをも、まさにいま誇ろうとしましたよ。

おかしくなりそう。
神様。


ヨブ。



神様自分を誇ることがないようにさせてください。私を高くすることがないように。。

主よ導いてください。


これまで私は、私を前にし、後ろにあなたを従えようとしていました。


私のいく道は辛いものでした。何の導きもない自分が選ぶ道でした。

あなたはその道を後ろから、付き従ってくださいました。

導きもないまま歩む私の自分勝手な思いに、あなたは心を痛まれたでしょうか。

自分で自分を苦しめる私を、どのような思い
で見ていましたか。

私の自分勝手に流す涙に、あなたは涙されましたか。

主よ。イエス様。
私はあなたを作ってしまいます。
私の姿に。

助けてください。私には無理です。
私には私を救う力はありません。

私にはありません。
私を解いてください。

あなたが神です。


わたしではありませんでした。

あなたが私の神様です。


主よ。私はあなたの後ろを行きたいです。


私がパイオニアではありません。
あなたこそが先駆者です。

あなたがすべてなされたことでした。


主よ。

あなたが道でした。

主よ。
あなたでした。

あなたが始まりです。私の終わりです。

あなたが生きられますように。
主よあなたが生きられますように。
主よあなたが私を生きられますように。

また誇る自分。私が主となる。すり返る。
暗闇は暗闇にとどまれ。
光は光である。

主よ。あなたが主です。

主よ私を治めてください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。