FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くの教会を訪ねました。

本日、引っ越した家の近くの教会で夕礼拝をささげてまいりました。


夕方7時からやっているんですね。



教会のことで悩んでいた私は、他の教会を探したほうがいいのかなと、よい(?)教会を探していました。

で、先週の日曜日に、とりあえず近くにある教会の外観だけでも見にいってみるかなと思い、テクテク歩いていきました。

教会はあっちっていう看板に従い歩いていると、何か小さい新聞というか、チラシというか、紙が落ちていて、なにかなと思い手に取ると、その教会で発行しているチラシでした。



「おお、神様、何ですか?なぜここに落ちているんでしょうか。あなたが用意してくださったのですか」

ちょっとした興奮。


でも、ぐるぐる回っても教会は見つからず、、

うーん、どこにあるの?


いいや、見つからないものは見つからない。
帰ろ。とあっさり。

戻ろうとしたところ、ふと道端に、また何か紙。


まさかと手にとると、その教会のさっきのとは違うチラシ。


「うわあ、神様、教会を見つけられなかった私に、こうしてちゃんと情報をあたえてくださるんですか。」

神様は不思議。
どうやって、それが私の手に渡るように、タイミングよく人を通し、落とさせたのか。

神様のなさることは計り知れません。
ただ感謝。

すべては神様の御業です。





ということで、改めてHPで場所を確かめ、その教会に行ってみました。
聖書箇所はルカ11章1~13節。


祈りです。



神様は、祈り求めなさいと何度も何度も私に教えておられます。


前の記事で書きましたが、まさに、いま、祈りの時です。


神様は与えてくださると約束してくださっています。

あきらめず、教会で苦しむ人のために、祈らなければなりません。


その救いのために、イエス様の御言葉が働かれるように、祈り続ける必要があります。

神様は改めて私を祈りに導かれました。


友のために求め、探し、たたく、積極的な信仰の姿勢を学びます。


私には何もない。しかし、神様が必ず与えてくださいます。

愛する友のため。。

イエス様こそ、飢え渇く私たちのために、命を捨ててまで救いを願ったのです。

私も、教会の一人一人のため、愛する兄弟姉妹のために、祈っていこうと思いました。


また、励ましや祈りをいただける教会を探して積極的に訪ねてもいいんだと思いました。
そこに教団を超えた本当の兄弟姉妹の交わりがあるのだと思います。

主が導いて下さると信じます。


教会で一緒に祈った方も「神様が示してくださるなら行ってみてください。そこでの神様との出会い、祈りの中で考えて、また祈って、この先の歩みを主の導きにおゆだねしましょうよ。」とおっしゃってくださいました。


主よ。私たちはあなたの愛によって生きています。

教会をお救いください。

あなたが教会をおさめてくださいますように。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。