スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救いは行いに奪われない。

救いに行いは必要無い。

しかし、救われた者は行わずにはいられない。


自分に与えられた救いのすばらしさ、イエスさんが示された愛の深さ、その言葉に込められた真理を、伝えずにはいられないのです。


ただ、それが何か守らなければならないことのように思えてくることがあるのです。



実際には私は、愛を受けるにふさわしくない姿で救われました。

そのままでも救いは成っています。


しかし主が与えてくださった恵みにふさわしい姿でありたいと願う。

だから清さを求めます。


その姿は、主への感謝の思いからくる愛の姿のように見えますが、そうではない場合もあるのです。

ただで恵みを受け取ることに落ち着かず、何かしらの代償を支払い、自分に価値があるから、恵みを受けたという理屈を求める心がある場合も無いわけではないのです。


自分に価値を見出したい。価値があるから救われた。
そう思いたいのです。


あなたは高価で尊い、だから救いを与えた、そうではないのです。
あなたはイエスを信じた、だから、高価で尊いのです。

救いは私によってではなく、イエスによるのです。

それを勘違いしてはなりません。


また、聖化の歩みを進めたい、神への栄光をあらわすキリスト者として証になるにふさわしい姿でありたいと願う思いも、行き過ぎると、弊害がおこります。


自分を清くしていくうちに恵みによる救いを忘れ、自分の清めによる救いという行いによる救い感が生まれてくること。

清めを行っていくうちに救いが恵みから行いへずれてしまうのです。


そうなると恵みがどんどん薄れていきます。



そして人は時に堕落した性質に捕まってしまいます。

それが重なると落ち込んでしまう訳です。



落ち込むばかりではありません。

罪を感じ、滅びを思う訳です。

自分が救いから洩れる者であるように。



だからこそ、私たちは時に立ち止まり、救いの原点へ視線を戻す必要があります。

的はずれの歩みとならないように。



いつでもイエス様が先であり、主なのです。

私の行いではなく、恵み。


伝道も、祈りも、賛美も、救われた後に生まれる感動や情熱から来るものです。


自分自身を降ろしましょう。
そしてただイエス様だけを仰ぎ見ましょう。

そこに救いがあります。



イエス様の限りのない愛と祝福に、すべてを明け渡す私たちになりますように。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。