スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れる教会。

教会はクリスチャンのためにあるのではない。


教会は世界のためにあるのであって、クリスチャンが集まるための場所ではない。


教会運営を中心に考え、そのための信徒、というようなイメージは救いを逆手にとった客商売のようなものだ。


神殿で商売をする人々になってはいけない。


教会が教会の存続のために立つのでは意味が無いんだ。
教会はいつでも、世界の救いのために、世の暗闇で迷う者に目を向けていく必要がある。


Mat 5:14 あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。
Mat 5:15 また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。
Mat 5:16 このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。


私たちは暗闇で躓く者のために、光を掲げなければならない。

救われた自分の姿を眺めるためではなく、人々を暗闇の底から救い出すため。



どれだけ多くの教会がクリスチャンとしてふるまう場として、教会を維持しようとしていることだろう。

砕け散ってもいいから、外へ弾けて行きたい。


水は溜まったままでは濁るからね。
流れよう。

雨となり川となり海となり、全地を覆い尽くすクリスチャン。

水は低いところに流れるよ。

神殿の高みに上っていないで、地の底で暮らす人々と共に歩む。
そんなクリスチャンであり続けたい。



主の栄光がみなさんと共にありますように。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。