スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テゼ 黙想と祈りの集いのこと。

長い間ご無沙汰しておりました。いつの間にか5月ですね。
いろいろありましたが、とりあえず今日のこと。


今日、テゼの歌による「黙想と祈りの集い」に参加してきました。



最近、教会のイベントに参加していないなあと思い、近くで何かイベントが無いか探してみたのです。するとテゼ関係のブログに行き着きました。

集会の予定カレンダーを見ると、5月9日の19時から20時30分に日本聖公会藤沢聖マルコ教会で集いがあるようです。

聖公会は初めてでした。ただ、とにかく神様を賛美する空間に身をおきたいと思いました。

ずっと昔、四谷のイグナチオであったテゼの集いに参加したことがあります。神様の御元にある静寂と賛美の美しいハーモニーに心癒されたその時の恵みが思い起こされ、ちょうど休みだし、自転車でいける距離だから行ってみようと思った次第です。



ちなみに、youtubeでテゼを検索するといくつか見つかるので興味がある方は検索してみてください。雰囲気が伝わります。




教会につくと入り口には誰もおらず、案内の紙等も無く、入って大丈夫なものか迷いましたが、とりあえず入ってみると、礼拝堂からどなたか来られました。

私「すいません。テゼの集いはこちらで・・・」
どなたか「はい、こちらです。ようこそおいでくださいました」

その方は用事があって出てこられたようでそのまま礼拝堂とは反対側へいかれました。




ということで、礼拝堂に入ると、長椅子が並んでいます。ちらほら人が座っています。照明が落とされた天井の高い綺麗な礼拝堂の中、皆さん静かに、それぞれ黙想の中にいるようでした。



私は久しぶりの教会で、心が静まるというか、神様と自分の間にさえぎるものが無いような心持ちになり、素直に、泥臭く子どもじみた思いを吐き出すように祈れました。



さきほど、たまたま迎えてくださった方が戻り、話し始められました。
「少ない人数なので、皆さん、前に集まりませんか」
どうも集いの代表の方のようです。




集会に参加されたのは、全部で10人満たないくらいでしょうか。
小さな集いでした。しかし、とても誠実な集いという感じを受けました。


テゼの短い賛美があり、聖書の御言葉があり、小さな祈りがあり、静かに神様を思う時がありました。
テゼの賛美は一つ一つがとても短く、繰り返し繰り返し歌うことで会衆が一緒に歌えるようになっていきます。


楽器は、ハープだったかな。笛のようなものもありました。終始、目を閉じて祈りつつ賛美していたので、よく覚えていません。



演奏者と賛美リードされる方々の声についていくように不確かながら自分も声を出していく流れは、先を歩むイエス様の足跡をたどるような心地です。

半歩後から音についていく流れが、徐々に旋律を覚えることで、そば近くを歩むことが出来るようになり、一体感に包まれます。

覚えたからといって少し声を張ると、自分の声が邪魔になり、美しく静かに流れる空気が乱されるように感じます。陰としてそっと歩むということを思います。

純粋に神様を賛美することは、喜びや激しい信仰の思いを超えて、ただ静かに深く絶え間なく、心臓の鼓動のように感じられるものなのかもしれません。



神様を賛美するためにあるいのちを感じます。




詩篇が読まれました。

1編
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。



・・・私はずいぶん、御言葉の泉から離れていました。
世の流れに染まり、神様の恵みを忘れ、祈らず、礼拝せず、罪に走り、御言葉を遠くへ置く日々。



私は渇いていました。



御言葉を受けて、神様の前で自分の情けない姿を吐き出します。



いくつか賛美があり、また聖書が読まれます。


ヨハネ14
1 心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。
2 わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
3 行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。




悔い改めと癒しと、神様の愛は果てしなく、私の小さな器を満たしてあふれさせます。


つい先日、思いが囚われる出来事があり苦しんでいたのですが、御言葉がせまります。神様の御手は大きい。心を騒がせず、神様を信じ、イエス様を信じる。すべてに及ぶ主の御心を感謝する・・・そのように、心を解くことができました。

集いはあっという間に終わりました。いつまでも賛美し続けていたい思いでした。この集いに参加できたことは神様からの愛の表れなのだと信じます。

神様からずっと離れて過ごしていたので、私の崩れた信仰にとっては、ほんの僅かな回復かもしれませんが、いのちを繋ぐ大切な一時でした。


救いは主にあります。

私たちの父なる神様がほめたたえられますように。




エペソ人への手紙 1章

3 私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。
4 すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。
5 神は、みむねとみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました。
6 それは、神がその愛する方にあって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです。

7 この方にあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。
8 この恵みを、神は私たちの上にあふれさせ、あらゆる知恵と思慮深さをもって、
9 みこころの奥義を私たちに知らせてくださいました。それは、この方にあって神があらかじめお立てになったみむねによることであり、
10 時がついに満ちて、実現します。いっさいのものがキリストにあって、天にあるもの地にあるものがこの方にあって、一つに集められるのです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。