FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都美術館。

上野に行ってきました。
上野駅構内のオブジェ
↑駅構内のパンダオブジェ。

目的は東京都美術館。
障害のある方たちがアート活動をしている「工房集」からよりすぐりの作品達の展覧会です。先月リトミックで展覧会のチラシを頂いたので、さっそく初日に来てみました。


上野は久しぶり。
何故だか公園口改札からもう人人人人・・・の波が出来ています。
「今日は何かあるのかねぇ」と人ごみを避け、木陰の道をテクテク。
日差しは強くてジリジリ焦げそうな陽気。

目的の美術館に着くと、、何?どうしたのあの行列は?そこに天国があるの?
イエス様が来られたの?ってぐらい沢山の方が並んでおりました。


私は知らなかったのですが、9月9日現在、東京都美術館ではフェルメールさんの「真珠の耳飾りの少女」が展示されているようですね。案内の看板を見ると60分待ちの行列でした。恐ろしい。


美術館での展覧会は一つだけだと思っていたので「あれっっ作品展って今日じゃないのかな、何か勘違いしていたのかな」と不安になりましたが、列の近くにいた案内係の方に伺うと、しっかり展示会は行われているそうなので、「真珠の・・・」を待ち焦がれている行列を尻目にするっと館内へ。

館内にも長蛇の列が出来ておりました。フェルメールさん大人気。



エレベータで公募展示室1Fの奥へ行くと、やっておりました。

「工房集作品展『生きるための表現』」

結構たくさんの作品があって、どれもこれも個性的。
個性的すぎて思わず笑みがこぼれるものから「いやすごい!」と感動する作品までたっぷり堪能できました。ボールペン絵、マーカー、油絵、クレヨン画もあれば木や布、ダンボール、ステンドグラスなどの立体的な作品もあり、紙粘土とか、かっこいい飛行機とか、ほんとかっこいい。

神様のクリエイティブな要素が、一人一人の感性の中にたっぷりと溢れ出ている感じです。見ていく内に遊び心を刺激されて、何だか自分も一緒に作りたいという気持ちにさせられました。

今回は、特に心に残る作家を三人投票するという事をしており、一位の方は個展を開かれるそうなので、ちょっとわくわくしながら選んでいきました。

「この人良いな、ああでもこれすごいな、あれも良かったしな、いやみんな良いな」と楽しく悩みました。


私の個人的なお気に入りはというと「スカイツリー」と「・・・出来ちゃったタワー」でした。名前忘れちゃった。

この方の作品はそれ自体がすごく楽しそうです。


ほぼ全員の作品が、大人びたそれっぽい芸術作品ではなく、ありのままの素直な気持ちが発露した楽しく美しい塊(よくわからない表現で申し訳ない)という感じでした。

行けて良かったですね。心が素直にさせられる作品に出会えて楽しみました。



さてさて神様にとっての私たちには、どのような思いが注がれているのでしょう。
ありったけの愛、おしみない恵みが溢れるような存在としてあるでしょうか。

喜びがにじみ出る、見ているだけで楽しい、愛おしく思える、そんな存在としているでしょうか。


落ち込んでいる方の心を照らすような存在。うつむいた顔をすっと引き上げる存在。神様の愛に満ちた祝福の源として、出会う方々を潤す存在。イエス様に似たもの。

そのような喜び溢れる存在があなたであり、そのあなたを神様は大切に思って見つめておられます。
神様のキラキラした目、愛に満ちた優しい眼差しが注がれているあなたに今日も明日も祝福がありますように。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。